Kobe University

|
Page Top

これからの世界を豊かにする
人材育成と価値創造を目指して

神戸大学 学長
武田 廣
神戸大学 学長 武田 廣

価値創造は社会全体にとって大きな課題となっており、大学も例外ではありません。すでに多くの大学が価値創造のためのプロジェクトを進めています。しかし、価値創造の教育と研究はまだ十分に体系化されておりません。神戸大学ではこの分野を世界的にリードし、社会に多様な価値を提供する基盤を構築するために、神戸大学V.Schoolを設置します。

価値の創造には多様性が不可欠です。様々な問題意識を持つ人間が、それぞれの専門的知識を持って、ワイワイガヤガヤしながら考えるための場が必要です。

V.Schoolはこのような場を神戸大学の全教職員に対して提供し、さらに社会に対しても開くことで、神戸から日本、そして世界を活性化させていきたいと考えています。

V.Schoolはかなりチャレンジングな構想です。したがって、最初の2年間は助走期間として様々な試みを行っています。2年後の2022年は国立大学の第4期中期目標・中期計画期間の初年度であるだけでなく、神戸大学が創立されて120年の節目にもあたります。

V.Schoolに、多くの人が集い、新たな価値が次々と生まれることを期待しています。

神戸大学V.School
創設にあたって

神戸大学 副学長
V.School スクール長
國部 克彦
V.School スクール長 國部 克彦

人間が満足に感じるとき、そこに価値(value)が生まれています。幸せを感じるなら、それはもっと大きな価値です。このように価値を創造することは、人間が生きることそのものです。したがって、人類共通の目標にもなります。

しかし、価値創造に関しては、個々の学問分野では議論されることはあっても、共通の土台で議論されることはほとんどありませんでした。研究や教育も同じで、価値という共通概念で横串を通す試みはほとんどなされてきませんでした。

神戸大学V.Schoolは、このような価値創造を全学的に議論し合い、教育と研究に反映させていくためのプラットフォームです。 期待や希望からこれまで考え付かなかったような価値を発見する価値創発プロセスと、その価値を社会に実装するためには何が必要かを考える価値設計プロセスの両輪をもって、神戸大学の全構成員に開かれた組織として、新しい空間を切り開いていきます。

価値は人それぞれにとって異なります。その意味で多様です。多様な価値を含めば含むほど、価値は広がると同時に深みを増します。したがって、出来るだけ多くの方々がV.Schoolの活動に関心をもって、部分的でも結構ですので参画していただけることを期待しています。

V.Schoolの中身を創るのは皆さんです。